キャラ・放送 相場調査 攻略情報 ツール キャラシミュ お知らせ
他サービス
  URL短縮 | 問い合わせ | 稼働状況 | サイトマップ Twitter アカウントの情報 aquapal
ミラーが不要になり廃止となりました。

DMEC 導入方法

kukuluLIVE DMECでミラーできるのは旧式のWMV(WindowsMediaVideo)版の配信のみになります。
現在多くの配信は最新式のFLV(FlashVideo)版に移行しています。こちらは視聴するだけでミラーの役割を果たすため、DMECソフトは不要です。
dmec_1000.png

kukuluLIVE DMEC (Dynamic Mirror Entry Client) は、
あなたのインターネット回線で放送をミラーし、視聴枠を増やすことができるソフトウェアです。
UPnPによる自動ポート開放機能を備えており、標準的な環境であればポートの開放設定を行うことなくミラーできます。

ミラーして頂くことで、kukuluLIVEサーバの負荷を軽減できます。
更に、自分がミラーしている放送は満員であっても快適に視聴することができます。

ミラーして頂いているあいだは、1分ごとに自分への接続者数に応じてくくぽが溜まります。
kukuluLIVE にとって、DMECによるミラーのご協力は必要不可欠です。
是非ご協力をお願いします★


ダウンロード

InstallShieldにより簡単にインストールできます。
起動時に自動的に最新版に更新するため、バージョンアップ作業は不要です。

必須環境

  • OS: Windows2000(SP4) / WindowsXP(SP3) [32/64bit] / WindowsVista [32/64bit] / Windows7 [32/64bit] / Windows8 [32/64bit]
  • ネットワーク: 有線FTTH(光回線)のみ (無線LAN、ADSLなどは不可)

【.NET Framework について】
実行には「.NET Framework」が必要です。(ない場合は「アプリケーション初期化エラー」が発生します。)
通常WindowsUpdateで導入されますが、導入されていない場合はダウンロードして導入してください。

ソフトウェアの起動

インストール後、すべてのプログラム内に「kukuluLIVE DMEC」プログラムグループが作成され、
ここからプログラムを起動できるようになります。

dmec1.png

ログイン

初回起動時はログイン画面が表示されるため、kukuluID を使用してログインしてください。
kukuluID はミラーエントリの識別にのみ利用されるため、本人認証していないIDでもログインできます。

dmec100.png

初期化

DMECは起動時に初期化作業を行います。
失敗した場合はエラーメッセージを表示して起動を中止します。

dmec101.png

ミラーサーバを起動しています...

「DMECcore_****.exe」および「Portchecker.exe」を起動します。

  • ネットワーク (kukulu.erinn.biz) にアクセスするため、ファイアウォールなどの設定が必要な場合があります。
  • アプリケーション初期化エラーが発生する場合は Microsoft .NET Framework がインストールされていない可能性があります。
  • 稀に正常でも起動に失敗する場合がありますので何度か再起動をお試し下さい。

上り通信速度を測定しています...

「SpeedCheck.exe」を起動して通信のアップロード速度を測定します。
簡易測定のため、結果は実際より少なく(帯域が狭く)なります。

  • ネットワーク (202.229.12.241) にアクセスするため、ファイアウォールなどの設定が必要な場合があります。

kukuluLIVE InformationServer に接続中です...

配信情報を受信するためにkukuluLIVE InformationServer (livec1.kukulu.erinn.biz:4491) に接続します。

  • ネットワーク (livec1.kukulu.erinn.biz) にアクセスするため、ファイアウォールなどの設定が必要な場合があります。

ポートの開放を確認中です...

TCPポート「4499」の開放を確認します。
開放できていない場合は「UPnPCJ.exe」のUPnP機能により自動開放を開始します。(初回のみ確認が表示されますので「はい」をクリックしてください。)

  • ネットワーク (ルーター) にアクセスするため、ファイアウォールなどの設定が必要な場合があります。
  • 自動開放に失敗する場合は手動で TCP ポート「4499」を開放してください。
  • LAN内で同じポートを利用するDMECを2つ以上起動することはできません。 多重起動する場合や別PCで起動させる場合はポートを変更してください。

ミラーサーバの起動を確認しています...

先に起動した「DMECcore_****.exe」の起動を確認します。

  • アプリケーション初期化エラーが発生する場合は Microsoft .NET Framework がインストールされていない可能性があります。
  • ポート「4499」、「4498」、「4497」を使用します。このポートが他のアプリケーションで使用されていないか確認してください。
  • 稀に正常でも起動に失敗する場合がありますので何度か再起動をお試し下さい。

ミラーの開始

初期化が完了するとメイン画面が表示されます。

dmec102.png

指定した配信者の配信をミラーする

1. 配信のリストからミラーしたい配信を選択します。
2.開始」ボタンをクリックしてミラーを開始します。

dmec103.png

自動的にミラーが必要な配信をミラーする

1.自動でミラーを制御する」を オン にしておくことで、自動的に状況を判断してミラーを行います。

dmec104.png

設定および状況表示

状態 タブ

dmec105.png
  • 情報サーバ : kukuluLIVE InformationServerとの接続状態を表示します。
  • 推定上り速度 : 測定したおおまかな上り速度(実測値)を表示します。
  • IPアドレス : グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを表示します。
  • kukuluID : 現在DMECを利用しているkukuluIDを表示します。
  • 状態 : DMECの動作状態を表示します。
  • 接続サーバ : ミラー実行中の場合、配信の映像情報を受信している親ミラーのIPアドレスを表示します。
  • 対象配信者 : ミラー実行中の場合、ミラーしている配信者を表示します。
  • 視聴枠 : ミラー実行中の場合、自分のミラーに接続している視聴者数と自分が受け持つことができる最大の視聴者数を表示します。
  • ビットレート : ミラー実行中の場合、配信者が示している配信のビットレートと、現在転送中の実効レートを表示します。
  • 転送量合計 : 起動してから今までに送受信したデータ量を表示します。
  • 接続継続時間 : ミラー実行中の場合、切断せずミラーしている時間を表示します。
  • DMEC Health : ミラー実行中の場合、ミラー制御サーバとの通信状態を表示します。これが0%になると、タイムアウトとしてミラーが切断されます。
  • Buffer Health : 現在は利用しません。
  • 使用TCPポート : 現在起動中のDMECが利用しているポート番号を表示します。

設定 タブ

dmec106.png

≪基本設定≫

  • Windows 起動時に kukuluLIVE DMEC を起動
    Windows 起動時にネット接続を開始したタイミングでkukuluLIVE DMECを自動的に起動します。
  • 起動時にメイン画面を表示する
    kukuluLIVE DMEC起動時にメイン画面を表示します。
    オフにすると起動時にタスクトレイにアイコンが表示されるのみで、ウィンドウは表示しません。
  • KukuTimer 通知機能を利用する
    DMECのログメッセージをKukuTimerのくくさまマスコットに渡して、そこから通知させます。

≪詳細設定≫

  • 起動時の処理画面を表示しない
    DMECの起動時に表示される、初期化処理の進行状況を示す画面を表示しません。
    DMECをWindowsと同時に起動する場合などにオンにしておくと邪魔になりません。
  • 自動で自動ミラー機能をオンにしない
    ミラー開始時に「自動でミラーを制御する」をオンにしません。
    手動でミラーする配信を決めたい場合はオンにしてください。
  • 特殊配信権限が有効な配信はミラーしない
    くくぽを払って指定時間外でも別ゲー配信ができる特殊配信権限が有効な配信はミラーしないようになります。
    (ただし、途中から権限を有効にした場合は切断はしません。)
  • 最大視聴枠数を指定値以上にしないよう制限する
    DMECは起動時に自動的に最適な最大視聴枠数(ミラーへの最大接続者数)を設定しますが、
    この設定をオンにしていると、最大枠数が指定値以上にはなりません。
  • 最大視聴枠数の自動設定方法
    DMECは起動時に自動的に最適な最大視聴枠数(ミラーへの最大接続者数)を設定しますが、
    この設定ルールを変更できます。

≪NG配信者の設定≫

指定した文字列名前に含む配信者の配信はミラーしません。
改行で区切って複数を指定できます。

≪最大視聴枠設定≫

  • 最大視聴枠設定
    「最大視聴数設定」は自分が受け持つ接続の最大数です。
    この最大数を処理できる帯域を持つ回線をご利用でない場合、あなたのミラーに接続した視聴者がバッファ地獄になります。
    自動的に設定する値より大きく変更する場合は、右側の表示の文字が赤(帯域不足表示)にならないよう注意してください。
    また、この設定はミラー中でも変更できますが、既に接続している分はキックされません。
    たとえば、30人が接続中に最大を25に設定した場合は25人になるまで接続受付を行いません。

≪ボイスナビ設定≫

  • くくさまボイスナビ機能を使用 : DMECの動作状況をボイスでお知らせします。

ソフトウェアの終了

ファイル」から「終了」をクリックすると終了できます。
右上の「×」ボタンでは、右下のタスクトレイに格納されるだけになるので注意してください。

UPnPで自動的にポートを開放した場合は、終了時に自動的にポートを閉鎖します。

自分に接続している視聴者も切断されてしまうため、視聴者が居なくなってから終了したい場合は
ファイル」から「自分への接続が0になってから終了」を選択してください。
新規接続を受け付けなくなり、接続が0になると終了します。



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS